借金問題の解決はプロにお任せください


借金の返済や過払い金などでお困りでしたら、まずはお気軽にご連絡ください。埼玉県はもちろん、全国の債務整理をお手伝いさせていただきます。



任意整理について




当サイト、債務整理埼玉.jpにアクセスしていただきまして誠に有難うございます。債務整理のご相談は、埼玉だけではなく全国どこにお住いの方でも対応させていただきますので、まずは悩まずにお気軽にご連絡ください。
過払い金について




自己破産について




自己破産のご相談も、埼玉県をはじめとして日本全国をカバーしておりますのでご安心ください。
個人再生について



体験談のご紹介です

投稿者:M様・埼玉県・33歳・女性

仕事を辞めたあとなかなか次の仕事が見つからず、日払いのバイトなどでしのいできましたが生活費が足らず、持っていたクレジットカードのショッピング枠、キャッシング枠を越えるようになり、消費者金融からの借り入れも増えてしまい、借りたお金でカードの返済をするの繰り返し、いわゆる自転車操業の状態になってしまいました。

このままではいけないと思いながら、ついにクレジットカードへの返済ができなくなり、電話や手紙で督促が来るようになってしまいました。
そんな状態でも、次に借りられる消費者金融はないか、探していたりして、今思えばどうかしていたと思います。

ある時、ネットを見ながら、この借金をどうにかできないか悩んでいたところ「債務整理」や「自己破産」という方法があるということを知りました。
自己破産というと、一生どこかに記録が残るとか、生活しづらくなるのではないかと思っていたのですが、調べてみたら、数年の間は信用情報の関係で、ローンを組んだり、クレジットカードを持つことができないということがデメリットですが、それ以外は大きく生活に影響するようなことはないとわかりました。

弁護士事務所に連絡するまでは少し勇気がいりましたが、弁護士に依頼すると、督促はすべて止まり、電話がかかってきても「弁護士に依頼しました」というと、その後一切かかってきません。
それだけでも気持ちが落ち着きました。

弁護士事務所のアドバイスで、借金が360万にもなっていたので、個人再生ではなく、自己破産を申請することになりました。事前にネットで、メリット、デメリットを調べていたので、戸惑いはありませんでした。
持っていたクレジットカードを全部預け、通帳のコピーや、なぜ借金を増やすことになったのかの説明の書類を指示通りに作成して提出。
後日、埼玉の地方裁判所へ行きました。

裁判所には自分と同じように自己破産を申し立てた人10数名くらいの方と一緒に行きました。
裁判所では裁判官から名前を呼ばれ、それに返事するだけで終了でした。
そして数日後、免責が決定したとの通知が来て、一切の返済が免除となりました。
これで借金から逃れることができたと、本当にホッとしたのを覚えています。

その後はしばらく、クレジットカードなしの生活をしていましたが、現金主義の生活も、やってみれば困ることはほとんどありませんでした。
これまでの自分のお金の使い方に対して、二度とこのようなことにならないよう、生活をあらためようと思いました。
また、債務整理という手段は気軽に使うべきではありませんが、自分や家族の生活がこれで立ち直るのであれば、メリット、デメリットを考慮しつつ真剣に考えてもいい方法です。
あの時に弁護士事務所に勇気を出して連絡をして、債務整理ができて本当によかったと思っています。

未来に希望が持てるようになりました

安易な気持ちで、消費者金融から借り入れを行った事が多重債務に陥るきっかけでした。生まれて初めて出来た彼女と、デートの約束を取り付けたのです。
彼女に格好悪い姿を見せたくなかったので、今ブランドものの服や時計、バッグ等をひとしきり揃え高級レストランに予約を入れたところ、手持ちの現金ではそれらを支払えなくなっていました。せっかくのデートを、キャンセルするわけにもいきません。

そんな時、ふと消費者金融の事を思い出しました。消費者金融は、他の金融機関に比べ審査がスピーディーだと言われています。
サラリーマンなので安定した収入がある事から、簡単に借りられるだろうと高をくくり必要書類を準備し借り入れを申し込みました。
予想通り、あっさりと審査をパスし必要な現金を簡単にゲットする事が出来た事に味を占め、その後も頻繁に借り入れを繰り返すようになったのです。

利息の事などすっかり忘れていた事もあり、気が付くと雪だるま方式で借金の額だけが膨らんでいました。返済に追われる日々が続き、首が回らない状態にまで陥った時友人から債務整理を勧められたのです。
法律の専門家に相談した場合、費用がかさむのではないかと心配していたのですが、債務整理に特化した専門家の力を借りた場合比較費用を抑えられます。
ネットで検索し、埼玉にある評判の良い大手法律事務所へ相談する事にしました。弁護士をはじめスタッフは親切な方ばかりで、どうすれば借金問題から解放されるのかを一緒に考えて下さったところが有難かったです。
現状から任意整理がベストだろうと判断された為、そのまま弁護士に依頼する事にしました。借金問題にカタをつける事が出来たのも、弁護士のお陰です。
弁護士費用も、成功報酬型だったので比較的抑える事が出来ました。借金問題でお悩みの際は、債務整理に強みを持つ弁護士へ相談する事をお勧めします。

無料相談料を申し込み、分割払いで債務整理を依頼

自分でも思いもしない急な病気にかかり、入院や手術のためにカードローンで50万円ほど借りました。
派遣社員だったため、仕事を休むと収入が入らなくなり、入院中も生じる家賃の支払いや光熱費などのためにさらに30万円借りたのです。
わずか80万円と思われるかもしれませんが、結局、退院を待たずして療養のために仕事を辞めることになり、返済できる見込みがなくなってしまったのです。派遣会社の社員だったために入院にあたって借りられたお金ですが、いざ収入が途絶えると、体も思うようにならない中で督促に苦しむこととなりました。

ネットで債務整理という借金負担から軽減される手段があると知り、埼玉県内で無理なく相談に行ける事務所を探しました。ホームページには相談料が30分5千円とあり、とてもではないけれど払えないと、やはり無理なのかと思ったとき、債務整理の相談は無料という但し書きをしている埼玉の弁護士事務所を見つけたのです。

これなら相談できると早速連絡をとったところ、私の体に配慮して自宅まで出張してくださいました。状況を確認してくれ任意整理の提案を受けたのですが、費用は減額された借金の一定割合でいいとのことです。
依頼した埼玉の事務所の支援制度を利用して毎月5千円ずつの分割払いができることが分かり早速お願いしました。
その日から督促がピタリととまり、カードローン会社も利息カットに応じてくれました。
おかげで両親のサポートを得つつ、返済を進められるようになり、病気も快復にむかっています。

家族のためにキャッシングした結果

軒並み、自営業の営業成績が芳しくない時期に、父の経営している工場も苦境に陥ってしまいました。
まだ社会人一年目の私では、父を助けたくてもその手段がありません。
それでも何とか手を貸してあげたい、そう思った私は、唯一の方法としてキャッシングを利用することにしました。
既に父名義での借り入れは行えない状況でしたから、どうしても必要なお金を私名義で借りることにしたのです。
それで工場が持ち直してくれたなら返済も可能となるはずです。
しかし実際には、そうなりませんでした。
キャッシングを更に何度か繰り返し、ついには返済できないまでになってしまいました。
その結果、父と共に弁護士事務所へと相談しに行き、自己破産という方法で債務整理を行うこととなりました。
父の工場や自宅を売却し、同時に自己破産の手続きが行われていきました。
この弁護士が動いてくださっている間は、唯一心安らぐ日々でした。
あんなにもしつこかった督促が一切なくなり、一見すると、平穏無事な生活を取り戻したかに見えるのです。
しかし現実には、自己破産が認められた後は、再び苦労の日々が始まります。
借金こそリセットはされますが、まさにゼロからのスタートです。
しかしリセットする術さえなかった私達家族からすれば、この自己破産は、今できる最良の選択だったのでしょう。
そしてこの経験を教訓にした私は、それからは一切、お金の貸し借りを行っていません。
借りるのと同時に貸す怖さも知りましたから、これからも絶対にすることは無いでしょう。

Copyright © 債務整理埼玉.jp All Rights Reserved.